どこででも使えるポケットwifiを導入する方法

女性

業務効率を考慮した設計

ウーマン

社内ネットワークを高速化

企業のオフィスでは規模が大きいほど多数のパソコンが業務に使用され、サーバーやネットワーク機器を介して接続されています。社内ネットワークを構成する機器同士はLANケーブルで結ばれるのが一般的で、無線LANより通信が高速で安定している点が有線ネットワークの特長です。この他にもプリンタなどのOA機器が必要に応じて配置されていますが、以上すべての機器には電源ケーブルも必要なため配線が複雑となります。このようなオフィスの配線をすっきりさせるためには、天井や壁・間仕切りを利用してLANケーブルや電源ケーブルを埋め込むような工事も必要です。多数のケーブル類をデスクごとにまとめるための工夫も欠かせませんが、そういった作業を自分たちだけで実施するのも簡単ではありません。一定規模以上のオフィスでは開業や移転・レイアウト変更などの際にオフィス配線サービスが多く利用されているため、ケーブル類も表面上目立たないものです。オフィス配線サービスでは何よりも業務効率を最優先とした配線設計を考案し、LAN工事や電気工事・電話工事を通じてそれを形にしていきます。構内交換機を利用したビジネスフォンの導入から、サーバーとクライアントPCによって構成される緻密な社内ネットワーク構築に至るまでがオフィス配線サービスの守備範囲です。オフィス内の機器配線に関わる作業をすべて一任できるサービスを利用すれば、統一感のある美しいオフィスで社員が気持ちよく働けるようになります。何十メートルもの長さに達することも珍しくないLANケーブルは、折り曲げられたりすると損傷して通信速度の低下を招いてしまうものです。オフィス配線サービスを利用すればLANのパフォーマンスが最大限に発揮され、社内ネットワークの高速化も期待できます。快適な通信環境は業務効率化にもつながるため、企業の業績を下支えする社内インフラとして欠かすことができないのです。